この一週間ぐらいカブのリアタイヤの空気圧が下がる
はじめは少しづつだったので気にしてなかったのだが、徐々に酷くなって
最終的には1時間程で走行が不安定になる程になってしまった

まさかチューブレス化が原因?

出先だったのでパンク修理も考えましたが、とにかく原因が知りたかったので
簡易用のエアーポンプで空気を注ぎながら仕事を終わらせて家に帰りました。

早速、パンクの原因を確認すると・・・



k (6)
タイヤから空気が
でも原因がチューブレス化が原因ではなかったので一安心

しかしチューブタイヤなのでパンクの際は一気に空気が抜けるかも知れない事を覚悟してましたが
穴が小さかった事もあり、運良く少しづつしか抜けなかったので良かったです。
0.5kgまでエアーが下がりましたがビードが外れる事もありませんでした。

タイヤはパンク修理をして乗ってみたかったのですが、残り溝も少なくなっていた事と、
中のチューブレスキットがどうなってるかも見たかったので交換する事にしました。

k (5)
こんな感じでした。

カブのホイールは細いのでタイヤの脱着の際にビードとチューブレスキットが干渉して
剥がれてしまいそうで心配でしたが、無事に交換できました。

k (2)
交換したのは同じブリジストンのRS10 ですが、今回は4PR⇒6PRにしてみました。
チューブレス化後、リアタイヤの柔らかさが気になったので多少しっかりするのでは?と期待してます。
OUTEX アウテックス /クリアチューブレスキット
OUTEX アウテックス /クリアチューブレスキット CUB